女医

理想的な顔にできる治療法

小顔にする治療を美容整形外科で受ける場合は、クリニックの治療法の違いを確認しておくと対応できます。頬の部分の脂肪吸引で小顔にするやり方は、高い効果がありますが手術後のケアも重要になるので負担があります。

詳しく見る

顔に触れる女性

顔を小さく見せる方法

小顔に見せるための美容整形は様々あり、人それぞれに適した方法があります。咬筋が発達していてエラが張っている人はボトックス注射が適しています。ボトックス注射はダウンタイムや副作用もほぼ心配なく、気軽に受けられるので人気です。

詳しく見る

看護師

脂肪吸引と脂肪溶解注射

あご下や頬に脂肪が多く溜まった人に適した小顔整形は、脂肪吸引か脂肪溶解注射とされています。脂肪吸引は一度の手術で30万円ほどが相場で、脂肪溶解注射は1回8万円が相場で、最低4回の施術が必要だと言われます。

詳しく見る

顔に触れる女性

理想の顔になる方法

理想の小顔になるためには、小顔整形を受けることがおすすめです。一般的にはメスを使わない、手軽な切らない小顔矯正が人気ですが、顔に関するコンプレックスの原因に合わせて適切な手術方法は異なりますので、医師のカウンセリングをきちんと受けましょう。

詳しく見る

顔を小さくする整形

カウンセリング

整形の種類や特徴

フェイスラインを修正して顔を小さくするのが小顔整形です。小顔は美人の条件のうちの一つなので、小顔整形は女性に人気です。顔を小さくするには、大きく分けると「骨を取り除く」「脂肪除去をする」「筋肉を収縮させる」の三つの方法があります。エラ骨が発達していると顔が大きくなりますが、骨そのものを削ることでフェイスラインが綺麗なV字になります。あごの骨も削ることで横顔が美しいエステティックラインになります。エラ骨やあごの骨を削る手術は口腔内からアプローチするので、手術した傷あとが見えないのがメリットです。ただし、手術によるリスクやダウンタイム、手術費用などは、かなりの負担になります。手術費用は検査費用や全身麻酔代込みで100万円を下らないのが一般的です。脂肪を除去する小顔整形には、脂肪吸引やメソセラピーがあります。あごにたっぷりとついた皮下脂肪を吸引すると、大量の脂肪がなくなり、二重あごが解消します。脂肪吸引にかかる手術費用は、30万円から60万円が目安です。メソセラピーは1万円以下でできる、プチ痩身注射です。脂肪吸引よりも簡単で体への負担が少ない施術です。3回くらいメソセラピーをすると、見違えるほど顔が細く小さくなります。最近人気なのが、エラの部分にある発達した筋肉を収縮させて引き締める、「小顔ボトックス」という整形です。小顔ボトックスで注射するのは、ボツリヌス毒素から抽出した安全な薬液です。ボツリヌス毒素には、体中にあるあらゆる筋肉の発達を抑え、一時的に引き締める効果があります。一見、エラの骨そのものが発達しているように見えても、筋肉が発達しているケースはよくあります。その場合は、わざわざ切開をしてエラ骨を削る大手術をしなくても、小顔ボトックスで十分です。エラにボトックスを数カ所注射すると、数週間で筋肉が柔らかくなって顔の横幅がぐんと縮まります。さらにボトックスにはキメを整えて肌をきれいにする美肌効果もあるので一石二鳥です。小顔ボトックスは一切メスを使わないので、施術後のダウンタイムがほとんどないと言ってもいいです。なので、普通にいつもと同じように日常生活をしながら、気楽に日帰りで施術が受けられます。クリニックに通院をする必要はないですが、効果を持続させたいなら数カ月おきにボトックスをするのがおすすめです。最初のうちは、小顔効果は6カ月くらいでなくなってきますが、ボトックスに慣れると持続力が高まっていくというデータもあります。