理想の顔になる方法|美人の必須条件は小顔【ダウンタイムがほとんどない】

理想の顔になる方法

顔に触れる女性

人気の方法と効果

顔の大きさや形についてのコンプレックスがある人は、小顔整形を受けてみましょう。あごのたるみをとりたい、エラをなくしたいなど様々な要望に合わせてたくさんの手術方法を選択出来、理想の顔を手に入れられます。美容整形クリニックで出来る手術方法の中でも、人気なのは、切らない小顔整形という方法です。切らない小顔整形は、メスを使わず、糸やレーザーなどの道具を使って小顔を作り出すとても簡単な方法です。例えばレーザーを気になる顔の脂肪部分へ照射すれば、たるみを取り除きシャープなラインを作り出すことが可能になります。また、逆に脂肪を採取し、それをアゴの部分に注入するという方法もあります。これもメスを使わない方法で、余分な脂肪をアゴのラインにもってくることで、アゴをよりシャープに見せることが出来るというものです。他にも、糸を使って顔全体のたるみを引き上げて、小顔に見せるという切らないフェイスリフトと呼ばれる手術方法も人気です。このように、メスを使わない簡単な手術で、様々な顔のコンプレックスは解消することが出来るのです。整形手術は怖い、痛い、お金がかかる、というイメージを持っている人も、まずは気軽にカウンセリングを受けてみましょう。そもそも、顔が大きく見えてしまう原因は、生まれつきの骨格が原因の場合と、筋肉が原因の場合の2種類あります。筋肉が原因の場合は、歯を噛みしめるときに使う咬筋と呼ばれる筋肉が発達して、エラが出来てしまうようになるのです。そのため、筋肉の力を緩めることで、エラを消し小顔になることが出来ます。そのような場合におすすめなのはボトックス注射と呼ばれる治療法です。ボトックスは、筋肉に注入することで、その筋肉の力をゆるめるという特徴を持つ医薬成分です。咬筋の力がゆるむことで、噛みしめ癖が改善され、徐々にエラが消えていくのです。ボトックスの効果は半年ほど続き、注射だけなので治療もと手も簡単で人気の方法です。このように、手術の方法は、原因によっても適切なものが異なります。生まれつきの骨格が原因の場合は、骨を削る手術が必要な場合もあります。そのような手術を行う場合には、入院が必要なこともあります。まずは、自分のコンプレックスと、なりたい顔についてしっかりと希望を決めておくことが大切です。カウンセリングではその部分を患者から聞き出し、総合的に判断して適切な手術方法を医師が決定します。納得のいく小顔整形を行うために、自分としっかり向き合いましょう。