顔を小さく見せる方法|美人の必須条件は小顔【ダウンタイムがほとんどない】

顔を小さく見せる方法

顔に触れる女性

製剤を注射するのが人気

小顔にするには、美容整形手術を受けるのが近道です。小顔整形には様々な方法があり、輪郭ごとに適した手術があります。加齢による皮膚のたるみが原因で顔が大きくなったと感じる場合は、超音波機器や糸によるフェイスリフトなどが適します。また、脂肪で顔の大きさが気になる場合は、脂肪吸引などが最適です。それから、あごが小さかったり後退していたりして顔の丸みが気になる人は、あごに高さを加えることで小顔に見えます。この場合の手術には、ヒアルロン酸注入やシリコン素材を入れる方法などが挙げられます。そして、以前よりエラが張ってきて顔が大きく見える場合は、ボトックス注入が適当です。発達した咬筋を弛緩させることで頬をすっきりとさせ、小顔効果を得る方法です。しかし、元々エラが大きく張った骨格の人では、エラを削るなどの手術が適しているかもしれません。人それぞれ顔が大きく見える原因は違うので、始めから自分で手術法を選んで来院するよりも、まず無料カウンセリングでドクターに相談してみるのも有効です。整形手術はもちろん、カウンセリングを受けるにも予約が必要です。カウンセリングで手術を受けることが決まったら手術日の予約を入れます。ダウンタイムは手術内容によって異なるので、仕事の都合なども考慮するといいでしょう。ボトックスはシワ解消のために使われることで有名ですが、元々眼瞼けいれんの治療に用いられてきた製剤です。筋肉を緊張させる作用を持つ神経に働きかけるため、発達した咬筋を緩めることが可能です。特に歯軋りや噛み締める癖がある人は咬筋が発達しており、頬からエラが大きくなりがちです。そこにボトックスを打つことで大きくなった筋肉を小さくし、小顔に見せることができます。その効果は2、3日後に現れ始め、3から6ヶ月持続します。ボトックス注射を数回繰り返すと咬筋自体が萎縮していくため、そうなった後は年に1回の施術でも十分です。中にはたった一度の注射で長期間効果が持続する人もいます。咬筋は噛むときに必要な筋肉ですが、咀嚼に使われている筋肉は他にもあるので食事に影響はほぼありません。骨を切ったり削ったりする手術では痛みや腫れが強く出る上に、手術費用も高額になりがちです。しかし、ボトックス注射にはそのような心配がなく、気軽に受けられる施術として人気が高まっています。また、注射と言っても使われているのは極細い注射針のため、痛みに弱い人も安心です。このように様々な点でメリットが大きいので、エラ取りでの小顔整形はボトックス注射が主流です。